コンテントヘッダー

もう一度動物園

白ふくろう、
DSCF8462_R.jpg
 
日本(冬には南下するものもあり,北海道や本州北部で越冬する個体が少数確認)
他のフクロウ類とは違い,明るい時にも活動
雄は全身ほぼ純白ですが,雌は黒褐色の斑点が多いので区別がつきます。

アカゲザル
DSCF8463_R.jpg

北インド,中国,ミャンマーで生息している、
サル山のサルは日本さるだと思っていてので、
これは以外でした、

チンパンジー
DSCF8465_R.jpg

タワーの上でくつろいでいます、
このチンパンジー一家は京都大学とコラボして、
いろいろと知能の検査をして良くテレビで紹介されています。

インドオオコウモリ
DSCF8467_R.jpg

インド,スリランカ,ミャンマー生息
翼を広げた大きさは最大1.5mにも達し、鼻先がとがっており,
顔がキツネに似ていることから英語では『Flying Fox(空飛ぶキツネ)』
主食は果実、よく見ると可愛い(*´v`)

ニシゴリラ
DSCF8470_R.jpg

平成23年12月21日にニシゴリラのゲンタロウ誕生
母親のお乳が出ないため10ヶ月間人間によって飼育されましたが、
いつか親の元に返すことを目標とした飼育が行われて、
初めて生後2ヶ月のとき母親とさくごしに顔を合わせてとき、、
母親がそっと指を伸ばし、ゲンタロウに触れて自分の子であることを、
確認したその瞬間の映像は今でも目に焼きついています
今では母親に抱かれ、父親とじゃれあい、時たま母子に相手にされない、
父親のシルバーバックがなでか物悲しい、
この日はグランドのガラスまでにひびが入って、部屋で母親に抱かれていました、

京都市動物園は、大正天皇のご成婚を記念して、明治36年(1903年)4月に敷地面積34,059㎡収容動物61種238点で、
開園されました全国で2番目に歴史ある動物園であり,市民から多額の寄付金が寄せられ,全国で初めて市民の手によって創設された動物園です。                        
日本で最初の公立植物園として、1924年(大正13年)1月1日に開園した京都府立植物園共に京都府、市民の誇りです。


スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

ぞうの森 京都市動物園

大津のバラを見に行くつもりが、
工事のため渋滞していて、このままではなんとなく、
もったいないので、予定の変更で、
リニューアルした動物園に・・・・・・・
想像以上に変わっててビックリ、充分大人でも楽しめます
DSCF8432_R.jpg

ラオス人民民主共和国から寄贈され,昨年11月に来園した子ゾウ4頭
DSCF8443_R.jpg

ちょうど食事時でmほかの小象に取られないように、
せっせと牙に蓄えて、その様子がおかしくて、
DSCF8449_R.jpg

38年前からいる美都が新しい環境になれず、広場に出られないと、
この象とは京都にいる私たちの年代の人は
馴染み深い象、前はもう一頭いたのですが、亡くなったからは、
美都ががんばっていましたね、年老いていく姿は、
思わず自分と重ねます、回りに歓声を上げて走り回る子供は、
いつかのわが子であり、にこやかに寄り添う親はいっかの、
私達で・・・・・時間の早さを感じます、

DSCF8453_R.jpg

2年ぶりにやっとグランドに出たときは、
DSCF8451_R.jpg

「アジアゾウの美都ちゃんグラウンドに出ました祝賀会」が開かれました(^ω^ ≡ ^ω^)
がんばれ美都

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

幻の大仏鉄道 遺構

「大仏鉄道」は、明治時代の鉄道会社「関西(かんせい)鉄道」の加茂と奈良を最短距離で結んだ、約10キロの路線の愛称で、
DSCF8412_R.jpg

この路線は、明治31年に加茂駅から大仏駅(奈良市法蓮町、明治40年に廃止)の区間が開業。大仏駅は東大寺の大仏詣で多くの人々が利用して、同社の花形路線となりましたが、翌年、奈良駅まで路線を延伸
明治40年に加茂駅から木津駅を経て奈良駅へ至る平坦なルート(現在のJR関西本線)が開通すると、黒髪山など急坂の難所を抱えているこの路線は廃線になり、営業期間はわずか9年で、当時の資料がほとんど残っていないことから、同鉄道は「幻の大仏鉄道」と呼ばれています。今はハイキングなど遺構めぐりが行われて、歩けば6時間のコースです。
梶ヶ谷トンネル 農道と水路を通すためのトンネルで壁は煉瓦で側壁は御影石、
アーチ部分のレンガは長手積み抗門はイギリス積みです、
この上を鉄道が走っていた、凄いですね今でも線路の音が聞こえてきそうで(*^_^*)

DSCF8408_R.jpg

DSCF8411_R.jpg

赤橋 御影石と煉瓦との組み合わせがとても美しい橋です、
橋桁も石が使用されいたのでしょ。現在この上は道路で自動車が通ります
DSCF8403_R.jpg

DSCF8402_R.jpg

DSCF8404_R.jpg

ドライブの途中で見つけて、行きましたが、
次回はゆっくりとめぐってみたいと思います。
鶯が鳴き、あちこちに筍が顔を出し、野良仕事をされている人に出会い、
春だな~平和だな~~~~日本はと感じました。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

加茂 岩船寺

岩船寺(がんせんじ)は京都府木津川市加茂町にある真言律宗の寺院で、
創建年 (伝)729年(天平元年)または749年(天平勝宝元年)
別名花の寺ともいわれていますが、
この時期はアジサイには早く、石楠花には遅く、
はっきりいえば余り見るべき花はなかったです(´・_・`)
もみじなどの新緑はすがすがしく、
DSCF8386_R.jpg

この三重塔には
DSCF8379_R.jpg

三重塔の組物、尾垂木上で隅木を支える隅鬼がみえます、
岩船寺

昔懐かしい奈良交通のボンネットバス
もちろん現役で走行中
DSCF8370_R.jpg

お堂の周りにはつつじとエビネ蘭が
DSCF8389_R.jpg

DSCF8390_R.jpg

皆様お休み疲れが出ませんように・・・・(*´v`)

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

酒蔵と菜の花?

毎年のことですが散歩道に菜の花が咲き乱れ、
だったのですが、この頃は少し様子が違ってきましたが、
新緑には黒壁の酒蔵に良く似合います、
DSCF8359_R.jpg

年々菜の花の咲く場所が・・・・自然なことだから仕方ないです(;_;)
DSCF8361_R.jpg

何年か前は青い草が見えないほどの一面の菜の花だったのですが、
DSCF8362_R.jpg
こんな風景も
お父さんがんばれ(゚∀゚)
DSCF8363_R.jpg

この頃色々な事がおっくうになってきて、
散歩もなかなか腰を上げることが出来ません、
今日からゴールデンウイークの始まりです、
皆様事故もなく春をお楽しみください。

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:みこたん
京都の南伏見区のばぁ~さんどす。せかず、慌てず、ぼちぼちとこれが私の生き方、見てくださる方にほんまに感謝どす。おおきに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR