コンテントヘッダー

いろいろと・・・

日向ぼっこの亀さんたち、
よ~く見ると外来種ばかり、
DSCF8395_R.jpg

この頃見ることが少なくなったミツバチ
私が幼いころは蜂といえばミツバチだったような、
DSCF8396_R.jpg

モンシロチョウも少なく感じる今日この頃、
答えがありました、堤防の草刈が原因では、
蝶の好む花が咲く頃に、草刈が行われ後に茂るのは夏草ばかり、
DSCF8397_R.jpg

この時期に鴨が一羽泳ぐでもなくとぼとぼと
水路を歩いていました、言葉がわかるなら事情を聞いてみたい。
DSCF8419_R.jpg

この頃の暑さでいささかばて気味です、
それなのに仕事をしている、もう十分働いたからと思うのですが、
ヘルメットをかぶり、さつそうと相棒の源チャにまたがり??
出かける姿を、時折くる孫が憧れの目で見てくれています(笑)
働ける状態であることに感謝して、
それにしてもこの暑さでメットかぶるのは嫌、暑いの嫌い!


スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

琵琶湖 柳ケ崎

びわこ花噴水
大津港の沖合いに位置し噴き上げられた水は、高さ最大40メートル。放水される水量や角度により、さまざまな形に変化し、昼は涼感あふれる風景を、夜はライトアップにより、色とりどりの幻想的な風景を作り出しています。
DSCF8518_R.jpg
これがHPよりお借りした夜の写真です。
img_0491.jpg

湖畔に水鳥が舞うようにヨットの姿が、
よく見ると船上は右に行ったり、左に行ったりとバランスを保つのに大変みたいです。
DSCF8521_R.jpg
DSCF8524_R.jpg

ミシガンは、1982年に就航した琵琶湖南湖を周遊する外輪船。
滋賀県と友好姉妹都市である、アメリカ・ミシガン州との国際親善を祈念して、ミシガンと命名されました
DSCF8534_R.jpg

非日常を最大限に演出する為に、絨毯やシャンデリア、ドアノブに至るまで、本物志向の重厚で豪華な内装を施し美味しい食事・素敵な音楽・行き届いたサービス、ナイトクルーズなど、
DSCF8539_R.jpg

船の外観には、アメリカ南部ミシシッピー川に就航している外輪船のイメージを採用。
大きな外輪が水しぶきを上げ走行するのは見ていて気持ちがいいものです。
DSCF8540_R.jpg

この頃の気候の変化はめまぐるしく、涼しすぎたり、猛暑であったりと、
日本の内閣もややこしい、色々各大臣のいわれることを聞いていると、
とても民間ではありえないことばかりで、変なたとえですが泥棒でも五分の理、
一つ嘘をつくとその嘘を隠すために又嘘を重ねるエンドレス、
そんなんでいいのかな~~~~~~~又ばぁ~さんの愚痴どす。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

イングリッシュガーデン

ローズソムリエ小山内健監修!
希少種のオールドローズから最新のモダンローズまで、県下最大級、約300種3000株の薔薇が甘い香りを放ちますが、
少しいくときが遅くなり花数が少なかった(;_;)
DSCF8544_R.jpg

DSCF8512_R.jpg

DSCF8501_R.jpg

熱い視線に思わず振り向くと、
情熱の赤いバラの花陰からイケメン男子が・・・・・(。-_-。)
DSCF8504_R.jpg

DSCF8510_R.jpg

琵琶湖からのやさしい風に吹かれて、
しばし天使はお昼寝中です。
DSCF8538_R.jpg

DSCF8542_R.jpg
出口にはこんな花屋さんが、思わず買って帰りますね(*´v`)

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

びわ湖大津館

びわ湖大津館は、1934年(昭和9年)、外国人観光客の誘致を目的に県内初の国際観光ホテルとして建築された建物(旧琵琶湖ホテル本館)をリニューアル活用した大津市の文化施設で,その当時水上スキーなどを楽しむ、外国人の写真が展示されています。

DSCF8550_R.jpg
旧琵琶湖ホテル時代には、『湖国の迎賓館』として昭和天皇を始め多くの皇族の方々、ヘレン・ケラー、ジョン・ウエイン、川端康成など多分野の著名人が宿泊されていたようです、

建物の設計は、東京歌舞伎座や明治生命館等を設計したことで有名な岡田建築事務所(岡田信一郎創設)によるもので、桃山様式と呼ばれる特徴的な和風の外観と洋風の内観は、琵琶湖の風景と古都大津の風土に見事に調和したデザインで、
その当時の意気込みが感じ取れます。
DSCF8549_R.jpg

エレべ-タ-
1階ロビー正面にあるエレベ-タ-は、1957年(昭和32年)に設置されたものです。どことなく懐かしさのある
ものです。どことなく懐かしさのある停止階表示部分などを、設置当時のまま補修され再利用されています、
この旧式のエレベ-タ-にのり二階の館内にはその当時ものが多く残され見学することが出来ます。
DSCF8547_R.jpg

真紅の カ-ペット
一階ロビ-にあるマリンブル-の縁取りのある真紅のカ-ペッ
トは、建設当時の写真や従業員の話を聞き再現したもので、⾒事なコントラストと柱時計が、
良くあって、風と共に去りぬの主人公のようにこの階段を駆け下りたい(ふるおすな~)
DSCF8545_R.jpg

1998年(平成10年)、琵琶湖ホテルが新しく浜大津に移転することになり、この建物の取り壊しを惜しむ多くの市民の声に応えて、大津市が耐震と改修保存を行い、2002年(平成14年)4月から柳が崎湖畔公園 びわ湖大津館として新たに開館。
今はこんな素敵なショップもレストランもあるんですよ。
DSCF8546_R.jpg


テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

もう一度動物園

白ふくろう、
DSCF8462_R.jpg
 
日本(冬には南下するものもあり,北海道や本州北部で越冬する個体が少数確認)
他のフクロウ類とは違い,明るい時にも活動
雄は全身ほぼ純白ですが,雌は黒褐色の斑点が多いので区別がつきます。

アカゲザル
DSCF8463_R.jpg

北インド,中国,ミャンマーで生息している、
サル山のサルは日本さるだと思っていてので、
これは以外でした、

チンパンジー
DSCF8465_R.jpg

タワーの上でくつろいでいます、
このチンパンジー一家は京都大学とコラボして、
いろいろと知能の検査をして良くテレビで紹介されています。

インドオオコウモリ
DSCF8467_R.jpg

インド,スリランカ,ミャンマー生息
翼を広げた大きさは最大1.5mにも達し、鼻先がとがっており,
顔がキツネに似ていることから英語では『Flying Fox(空飛ぶキツネ)』
主食は果実、よく見ると可愛い(*´v`)

ニシゴリラ
DSCF8470_R.jpg

平成23年12月21日にニシゴリラのゲンタロウ誕生
母親のお乳が出ないため10ヶ月間人間によって飼育されましたが、
いつか親の元に返すことを目標とした飼育が行われて、
初めて生後2ヶ月のとき母親とさくごしに顔を合わせてとき、、
母親がそっと指を伸ばし、ゲンタロウに触れて自分の子であることを、
確認したその瞬間の映像は今でも目に焼きついています
今では母親に抱かれ、父親とじゃれあい、時たま母子に相手にされない、
父親のシルバーバックがなでか物悲しい、
この日はグランドのガラスまでにひびが入って、部屋で母親に抱かれていました、

京都市動物園は、大正天皇のご成婚を記念して、明治36年(1903年)4月に敷地面積34,059㎡収容動物61種238点で、
開園されました全国で2番目に歴史ある動物園であり,市民から多額の寄付金が寄せられ,全国で初めて市民の手によって創設された動物園です。                        
日本で最初の公立植物園として、1924年(大正13年)1月1日に開園した京都府立植物園共に京都府、市民の誇りです。


テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:みこたん
京都の南伏見区のばぁ~さんどす。せかず、慌てず、ぼちぼちとこれが私の生き方、見てくださる方にほんまに感謝どす。おおきに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR