コンテントヘッダー

今年一年ありがとうございました。

(^∇^)ノやっと撮れました、
DSCF7896_R.jpg

このジョウビタキも家の近くにいるのですが、
なかなか撮らせてもらえませんでした、
本当もう意地悪なんだから、
DSCF7901_R.jpg

テレビを見ていると、クリスマスから~お正月に、
もう特番、特番の予告の放送で、、
このままと思っていたら、新潟の大火災、それに昨日の地震、
本当にどうなっているのかと思わずに入られません、
もっとショックなことは、子供の6人に1人が夕食が満足に食べられていない、
下校時帰る場所がない、その子らのために支援をと寄付を募る広告です、
日本は福祉国家で先進国で他の国へ多額の援助をして、アメリカ軍がいる、
基地に思いやり予算でそれも多額の援助をしている、そんな国で、
これから日本を背負っていく6人に1人が満足に食事もされていない、
これって何ε=ε=(怒゚Д゚)ノ
私たちが必死で収めている税金で国は成り立っているのなら、こんなことがおきている、
自体変じゃないですかね、あ~~また愚痴ってしまいました。

皆様今年一年お付き合いいただきありがとうございました。
少し早いですが来年もよろしくお願い申し上げます。
>
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

クリスマスに思うこと

こんなリースをドァにかけて、メリークリスマス
yjimageCA0QU6SV.jpg

トナカイの引くそりに乗ってサンタクーロスは、
yjimageCAYWHPTE.jpg

プレデントを届けてくれる、煙突の無い家に、
靴下の中ではなく、枕元に、
yjimageCA2TKYBG.jpg

ふわふわの生クリームをたっぷり使ったクリスマスケーキ
私の幼いころは、バタークリームであぶらぽくて美味しくなかった(;_;)
yjimageCACVRYY0.jpg

日本生まれの日本のクリスマス
それに違和感を覚えながら、楽しんでいた、
yjimageCA35P8Y0.jpg

目を輝かせケーキを食べ、贈り物を喜ぶ孫達、
出来れば世界中の子供たちが同じ状況になることを、
にわか信徒の祈りです。

テーマ : 今日の独り言
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

獅子舞

四天王寺わつか市で寿獅子舞が、
DSCF7727_R.jpg
DSCF7733_R.jpg
DSCF7740_R.jpg
DSCF7741_R.jpg
DSCF7745_R.jpg
DSCF7746_R.jpg
DSCF7749_R.jpg

今年一年の厄を払い、来年に福をもたらすように口上で述べられていました、
獅子に頭をかんでもらうと邪気をはらうといわれております、
獅子が舞っているとお神酒が出され、それを飲み干し、浮かれひょっとこに、
酔いがさめ元の獅子に戻り人々に福をもたらす、
これを見ている人はみんな笑顔です、この笑顔が続きますように(*^_^*)

テーマ : ある日の写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

大阪、四天王寺


西大門(極楽門
四天王寺が建立されたこの地は古代から夕日が美しいところで知られていた。
この立地が平安時代後期から隆盛になる浄土教の「沈む夕日を眺めながら念仏すると極楽浄土へいける」という西方極楽浄土信仰と重なり、四天王寺の西門は「日想観」の聖地で、この近くは夕陽丘の地名があります。
DSCF7725_R.jpg

五重塔
これが鉄筋コンクリート造りとは思えない見事な塔である。緩やかな各屋根の傾斜が法隆寺五重塔とは異なる優雅でしなやかな姿が印象的だ。昭和34年再建。全高37.05m。相輪は全高の三分の一を占める。
この日は月初めにあるわつか市が開催されており、多くの人でにぎわっていました。
DSCF7722_R.jpg

南大門
DSCF7714_R.jpg

万燈院
DSCF7717_R.jpg

聖徳太子千四百年御聖忌に向け、大規模な中心伽藍の耐震改修工事を実施致します。
DSCF7715_R.jpg

天王寺は、推古天皇元年(593)に建立されました。今から1400年以上も前、聖徳太子が建立されました、
今まで災害や昭和20年(1945)の大阪大空襲により、六時堂や五智光院、本坊方丈など伽藍の北の一部の建物を残し、境内のほぼ全域が灰燼に帰してしまいましたが各方面の人々の協力を得て復興、今日に至っています、
四天王寺の創建目的には二つの見方があり。一つは、聖徳太子の物部守屋討伐戦勝誓願成就を建立目的だとするもの、今ひとつは、当時の激動する東アジア情勢を受けて、当時の日本の玄関口であった難波津の丘の上に最先端技術による壮麗な伽藍を建立することによって、その国威を諸外国に対して誇示すると同時に、四天王の法力による国家鎮護を祈願したのが建立目的だとする。果たして、史実としては??? 歴史はミステリーですね(*´v`)


プロフィール

Author:みこたん
京都の南伏見区のばぁ~さんどす。せかず、慌てず、ぼちぼちとこれが私の生き方、見てくださる方にほんまに感謝どす。おおきに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR