コンテントヘッダー

幻の大仏鉄道 遺構

「大仏鉄道」は、明治時代の鉄道会社「関西(かんせい)鉄道」の加茂と奈良を最短距離で結んだ、約10キロの路線の愛称で、
DSCF8412_R.jpg

この路線は、明治31年に加茂駅から大仏駅(奈良市法蓮町、明治40年に廃止)の区間が開業。大仏駅は東大寺の大仏詣で多くの人々が利用して、同社の花形路線となりましたが、翌年、奈良駅まで路線を延伸
明治40年に加茂駅から木津駅を経て奈良駅へ至る平坦なルート(現在のJR関西本線)が開通すると、黒髪山など急坂の難所を抱えているこの路線は廃線になり、営業期間はわずか9年で、当時の資料がほとんど残っていないことから、同鉄道は「幻の大仏鉄道」と呼ばれています。今はハイキングなど遺構めぐりが行われて、歩けば6時間のコースです。
梶ヶ谷トンネル 農道と水路を通すためのトンネルで壁は煉瓦で側壁は御影石、
アーチ部分のレンガは長手積み抗門はイギリス積みです、
この上を鉄道が走っていた、凄いですね今でも線路の音が聞こえてきそうで(*^_^*)

DSCF8408_R.jpg

DSCF8411_R.jpg

赤橋 御影石と煉瓦との組み合わせがとても美しい橋です、
橋桁も石が使用されいたのでしょ。現在この上は道路で自動車が通ります
DSCF8403_R.jpg

DSCF8402_R.jpg

DSCF8404_R.jpg

ドライブの途中で見つけて、行きましたが、
次回はゆっくりとめぐってみたいと思います。
鶯が鳴き、あちこちに筍が顔を出し、野良仕事をされている人に出会い、
春だな~平和だな~~~~日本はと感じました。
スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回の記事の続きですね。どうも、この辺は土地勘がなくて、言われている地点が何処なのかすらよくわかりません。今度時間があれば、京都在住の親友をそそのかして、回ってみたいものです。

私の田舎には、やはり田舎の私鉄が走っていました。珍しいことにガソリン・カーでした。ディーゼル・カーのような汚い排煙を出さないスマートなものでしたが、…。
プロフィール

Author:みこたん
京都の南伏見区のばぁ~さんどす。せかず、慌てず、ぼちぼちとこれが私の生き方、見てくださる方にほんまに感謝どす。おおきに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR