コンテントヘッダー

もう一度動物園

白ふくろう、
DSCF8462_R.jpg
 
日本(冬には南下するものもあり,北海道や本州北部で越冬する個体が少数確認)
他のフクロウ類とは違い,明るい時にも活動
雄は全身ほぼ純白ですが,雌は黒褐色の斑点が多いので区別がつきます。

アカゲザル
DSCF8463_R.jpg

北インド,中国,ミャンマーで生息している、
サル山のサルは日本さるだと思っていてので、
これは以外でした、

チンパンジー
DSCF8465_R.jpg

タワーの上でくつろいでいます、
このチンパンジー一家は京都大学とコラボして、
いろいろと知能の検査をして良くテレビで紹介されています。

インドオオコウモリ
DSCF8467_R.jpg

インド,スリランカ,ミャンマー生息
翼を広げた大きさは最大1.5mにも達し、鼻先がとがっており,
顔がキツネに似ていることから英語では『Flying Fox(空飛ぶキツネ)』
主食は果実、よく見ると可愛い(*´v`)

ニシゴリラ
DSCF8470_R.jpg

平成23年12月21日にニシゴリラのゲンタロウ誕生
母親のお乳が出ないため10ヶ月間人間によって飼育されましたが、
いつか親の元に返すことを目標とした飼育が行われて、
初めて生後2ヶ月のとき母親とさくごしに顔を合わせてとき、、
母親がそっと指を伸ばし、ゲンタロウに触れて自分の子であることを、
確認したその瞬間の映像は今でも目に焼きついています
今では母親に抱かれ、父親とじゃれあい、時たま母子に相手にされない、
父親のシルバーバックがなでか物悲しい、
この日はグランドのガラスまでにひびが入って、部屋で母親に抱かれていました、

京都市動物園は、大正天皇のご成婚を記念して、明治36年(1903年)4月に敷地面積34,059㎡収容動物61種238点で、
開園されました全国で2番目に歴史ある動物園であり,市民から多額の寄付金が寄せられ,全国で初めて市民の手によって創設された動物園です。                        
日本で最初の公立植物園として、1924年(大正13年)1月1日に開園した京都府立植物園共に京都府、市民の誇りです。


スポンサーサイト

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

京都大学が霊長類の研究をしていると聞いてましたが~
この動物園も関わっているんですね! 

動物園🐕水族館🐡子供が小さい頃はよく連れて行きました^^ 
そのせいか動物大好きで 今度は1歳の娘を連れてアチコチ行ってるみたいです@

大人だって楽しいですよね💚

No title

そういえば、渋谷駅で電車の出発を待っているとき、蝙蝠を何回か見ました。何十年か前のことですし、今は、東横線が地下深く潜ってしまい、蝙蝠がまだ生息しているのかよくわかりません。

Re: AzTakさん。

> おはようございます、そうなんですか京都では普通に飛び交っている、
姿を見られます、時たま玄関先に落下していて、保護をして、
夜部屋の窓を開けておくとどこかに行ってしまいます、京都は
ある意味田舎ですね。

Re: Happyさん。

> おはようございます、うれしいですねそんなこと知って頂いて、
京大の総長はゴリラ大好きな方でいろんな本もだされて、
私の好きな学者の一人です、このままいろんなことが形を、
変えながら存在していけば良いのですが、
プロフィール

Author:みこたん
京都の南伏見区のばぁ~さんどす。せかず、慌てず、ぼちぼちとこれが私の生き方、見てくださる方にほんまに感謝どす。おおきに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR