コンテントヘッダー

ガーデンミュージアム比叡

フランス印象派の画家たちの描いた陶板作品をモチーフに、フランス人デザイナーが設計した庭園美術館。ゆっくりとくつろげるカフェをはじめ、ミュージアムグッズやお洒落な雑貨、お土産が揃うショップのほか、草花たちに囲まれた花の足湯“フロレアル”からは絶景が広がります、タオルだい200円で~す、
こちらはミュージアムショップ「メゾン・ド・フルール」へのアプローチ、

DSCF8713_R.jpg

DSCF8716 (2)_R


ショップ内には「体験工房」もあり、次のようなものづくりメニューがありました。
押し花キーホルダー650円
アロマ石けん650円などいろいろ手作り体験ができます。
そう上に展望台があります、
ここは360度みわたせ、京都や滋賀の景色も楽しめます、
DSCF8739_R.jpg


ここは「見晴らしの丘」。展望台
眼下に琵琶湖がみえます、もう少し木々の整理が出来ていれば良いのですが、
DSCF8711 (2)_R


モネやルノアール、ゴッホなど絵画に登場する場所を陶板画にして、
その風景に似たところが作られています、
DSCF8759_R.jpg


温度は27度でしたが、日当たりはやはり暑かったです。




スポンサーサイト

テーマ : ある日の写真
ジャンル : 写真

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガーデンミュージアム比叡ですか。いいところのようですね。
割と京都にはいく方ですが、行くところが偏っていて、比叡山は非常に興味があるものの、見に行くことができていません。天気の良い日に登って(上って)みたいと思うのです。
比叡山の地図を見るたびに、京都の方角イメージを誤ってインプットしているなと思うのに、なぜか、脳内で修正できていません。もしかして、脳みそが足らないのでしょうか?

Re: AzTak さん。

> おはようございます、いつもコメントいただきありがとうございます、
そうなんですよね、比叡山は滋賀県との県境でもあるので、
地図上ではややこしいかもしれませんね、秋の京都にテレビに惑わされずに、
11月の終わりごりにお越しください。此の頃の京都は外国人観光客のため、
バスに乗車できない状態です、大きな荷物を持ち込まれるので困ったもんです。


プロフィール

Author:みこたん
京都の南伏見区のばぁ~さんどす。せかず、慌てず、ぼちぼちとこれが私の生き方、見てくださる方にほんまに感謝どす。おおきに

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR